• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

コメディカル部門職員

診療放射線技師

診療放射線部門のご紹介

採用情報

高度な医療技術の導入とその確実な実施に重点をおき、時代の要請に応じた人材を育成する。

診療放射線部門においては、国の政策医療の実施を旗印に、患者さんの目線に立ち、良質で安全、安心な医療を提供するために高度な医療技術の導入、その確実な実施に重点をおき、時代の要請に応じた人材育成を行っております。
放射線取扱事業所を管理する第1種放射線取扱主任者、施設の放射線管理(漏洩線量測定)をする第一種作業環境測定士、放射線治療を管理する放射線治療品質管理士、放射線治療専門技師や医学物理士、また、日本女性の死亡率の上位を占める乳癌に対する検診精度の向上を目指す検診マンモグラフィ認定技師など、各領域において最新技術の習得と資格認定の取得をめざし、研修会や講習会、技師会、学会参加などを開催。患者さんに望まれる診療放射線技師を育成し、医療に貢献しています。

現在、近畿グループ管内の診療放射線技師は240名余り。それぞれが専門の資格認定を取得しながら、救急検査を含めた総合的なあらゆる画像診断(X線CT検査・MR検査・核医学検査・骨密度検査等)、そして放射線治療業務に対応し、チーム医療の推進と病院経営にも参画する診療放射線技師として毎日臨床の現場で活躍しています。

リニアック装置による高エネルギー放射線治療

マルチスライスCTによる画像診断

マンモグラフィにおける画像評価及び精度管理

最近の近畿グループ管内の診療放射線技師の資格取得状況

第1種放射線取扱主任者 34名 放射線治療品質管理士 13名
検診マンモグラフィ撮影認定 79名 核医学専門技師 9名
医学物理士 8名 放射線治療専門放射線技師 15名
第一種作業環境測定士 23名 衛生工学衛生管理者 13名
放射線管理士 8名 MRI専門技術者 1名
放射線機器管理士 8名 臨床実習指導教員 5名
医療情報技師 11名 血管撮影・インターベンション
専門診療放射線技師
9名
ICLS認定インストラクター 7名 DMAT隊員 4名

など その他多数

このページの先頭へ