• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

コメディカル部門職員

臨床検査技師

臨床検査部門のご紹介

採用情報

「より正確に!より迅速に!」をモットーに情報を発信、認定資格の取得に向けた教育にも力を入れる。

現在の医療はEBMに基づく治療が推進されていますが、その判断となる情報を提供するのが臨床検査部門です。
国立病院機構の各検査室では、ただ単に検査結果を報告するのではなく、「より正確に!より迅速に!」をモットーに、有用で付加価値の高い情報を発信する努力を日々重ねています。特に救急医療を担う施設では、採血後の30分以内の報告を可能とし、24時間対応の検査体制を構築しています。
国立病院機構内の施設では、検査基準値の統一化が進んでおり、主要な生化学検査の項目に関して、どこの施設でも同じ尺度で検査結果を評価することができます。
最近では、臨床検査技師の業務は検査室内だけでなく、感染制御チーム(ICT)や栄養支援チーム(NST)、糖尿病療養指導、褥創対策など他部門との協働の場でも、臨床検査技師の目線に立った情報発信を行い、チーム医療に貢献しています。

臨床検査とは

1. 検体検査:血液などの患者さんから得られる材料を検査する。

2. 生理機能検査:心電図や超音波検査などの患者さんに接し情報を得る。

臨床検査は、検体検査と生理機能検査に大別されるが、多くの分野に細分化され、それぞれに高い専門性が要求されます。それに対応するため、細胞検査士や超音波検査士など各分野における各種の認定資格を有する技師が多く在籍し、後進の育成にも努めています。

迅速検査を可能にするさまざまな分析装置

生化学自動分析装置

血液自動分析装置

細菌同定感受性自動分析装置

採用後の教育研修

平成22年度はチーム医療研修(輸血管理・NST研修)と実技研修(輸血・超音波)を実施しました。平成23年度は昨年に引き続きチーム医療研修、さらに輸血実技研修、超音波実技研修が計画されています。
また、各々の分野でネットワークを構築し、施設間の情報交換を活発に行い基礎技術研修、細胞診検査研修、疾患群検査研修などが先輩技師の指導のもと実施されています。このネットワークこそ国立病院機構の利点であり、民間施設にはない強みであり機構内での人材育成を可能としています。

認定資格の取得状況

細胞検査士 41名 認定一般検査技師 1名
超音波検査士 63名 認定臨床化学者 3名
認定臨床微生物検査技師 4名 糖尿病療養指導士 6名
認定輸血検査技師 6名 医療情報技師 8名
認定血液検査技師 2名 認定血管診療技師 7名
NST専門検査技師 2名    

など その他多数

このページの先頭へ