• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

コメディカル部門職員

管理栄養士

栄養部門のご紹介

採用情報

患者さんの病状を大きく左右する要因として”栄養状態の把握と管理”が医療の場で強く求められている。

平成22年度の診療報酬改定で栄養サポートチーム加算が新設され、入院患者さんの栄養管理が診療点数で評価されて病院の栄養部門は大きく変わってきました。
患者個々の病状・患者自身の希望に合わせた栄養管理を行うことに具体的報酬が付けられるようになり、従来の入院患者集団の給食管理から、患者個々の状態に合わせた栄養管理が治療の一環として認められるようになったのです。これにより病院栄養士の責任は重くなりましたが、やりがいも大きくなったといえます。

栄養士の仕事

国立病院機構での栄養士業務から得られた情報は、各種統計・経営分析、研究会・学会などで活用・発表され、それが自己評価にも繋がっています。仕事の内容は以下のように大きく3つに分けられます。

1. 献立や食事提供に関する給食業務

栄養計画の立案、具体的献立の展開

委託化が進み業務として関わることは少なくなってきていますが、 入院時のアメニティの大きな要素であり、退院後の食事療法の指標として重要です。

2. 患者さんの栄養状態の把握と管理を行う病態栄養業務

病棟でのNST回診

近年急速にその重要性が広く認知されている業務。医師、看護師をはじめ他のコメディカルスタッフからも注目されているため栄養士の技量がとわれます。また、チーム医療の一員としてNST(Nutrition Support Team)や褥瘡管理チーム、感染防止チームなど様々な場面で栄養士の参加が求められています。

3. 栄養指導

栄養指導時の身体計測 栄養指導時の聞き取り調査

マスコミから様々な栄養・食事情報が流されていますが、プロとしてEBM(Evidence Based Medicine)を考えて指導を行い、その結果を評価する必要があります。

採用後の教育研修

NST臨地実習
国立病院栄養研究学会

採用後の各種資格は、国立病院機構に入れば自動的に修得できるものはありません。各自努力して糖尿病療養指導士・病態栄養専門師・NST専門療法士・健康運動指導士他さまざまな資格や学会認定を取得しています。
研修は職域団体である国立病院管理栄養士協議会が主催しているもののほか、国立病院機構本部や各グループグループが主催するNST臨地実習や、医師・看護師・コメディカルも含めた研修会などが開催されています。NST臨地実習に参加された方の多くが、NST専門療法士を取得されています。
また学会も国立病院機構独自で国立病院総合医学会や国立病院栄養研究学会が開催されています。臨床栄養学会・病態栄養学会・日本静脈経腸栄養学会・糖尿病学会などは各自任意で参加、発表しています。

このページの先頭へ