• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

コメディカル部門職員

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

リハビリテーション部門のご紹介

採用情報

患者さんの障害やニーズに応じた最良の治療を提供してQOLの向上を目指します。

国立病院機構のリハビリテーション部門は、脳血管疾患・脊髄疾患・骨運動器疾患・呼吸器疾患・神経筋疾患・がんなどによって生じる障害を対象にリハビリテーション医療を提供しています。
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は、患者さん一人ひとりの障害やニーズを考慮して効果的できめ細やかな治療の提供を行っています。
さらに栄養サポートチーム・呼吸サポートチーム・緩和ケアなどのチーム医療の一員としても力を入れています。医師・看護師・栄養士・薬剤師などの他職種と情報交換を密にして、患者満足度を高めるよう日々努力しています。

上肢機能改善のための作業療法

屋外歩行練習(階段昇降)

股関節可動域改善のための運動療法

起立・歩行獲得に向けて全身調整運動

日常生活活動自立に向けて入浴動作練習

採用後の教育研修

動作解析装置

リハビリテーション部門の研修は、国立病院機構本部やグループ主催の研修会のほか、職能団体である理学、作業、言語の各協会主催の学会や研修会があり、積極的に参加できるよう職場環境を整えています。
また、各施設では、研修受講後に伝達講習会や定期的にカンファレンスや勉強会を行い、知識や技術の向上に努めています。

このページの先頭へ