• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

コメディカル部門職員

児童指導員

療育部門のご紹介

採用情報

「福祉学(社会)」・「教育学」・「心理学」などからの教育支援によりQOLの向上と福祉の増進に努める。

近畿グループには、重症心身障害児(者)への支援を行う病院が9ヵ所、筋ジストロフィー児(者)への支援を行う病院が4ヵ所あり、児童指導員は以下のいずれかの病院で勤務しています。

重症心身障害児(者)支援病院
  • ・敦賀医療センター(旧福井病院)
  • ・兵庫中央病院
  • ・あわら病院
  • ・奈良医療センター
  • ・紫香楽病院
  • ・やまと精神医療センター(旧松籟荘病院)
  • ・南京都病院
  • ・和歌山病院
  • ・兵庫あおの病院(旧兵庫青野原病院)
筋ジストロフィー児(者)支援病院
  • ・宇多野病院
  • ・刀根山病院
  • ・兵庫中央病院
  • ・奈良医療センター

これらの病院には「福祉の支援」を担当する職員(福祉職)として、児童指導員と保育士が療育指導室に配置されています。
児童指導員は、社会学・福祉学・教育学・心理学などを専門分野とし、療育支援や福祉諸制度などによる支援を、都道府県(政令都市)の児童相談所や市町村等の担当部署との間で調整し、利用児(者)の「QOLの向上」と「福祉の増進」に努めています。
平成18年4月には「障害者自立支援法」の施行と関連各法の改正が行われ、その後の各法案の改正に対する対応や今後の改革についての情報収集、適正な運用等、専門職としての職務能力の向上が大切になっています。そのため児童指導員は様々な研修会へ参加し、また、任意に研修会や学習会を開催するなどして自己研鑽に努めています。
また、社会福祉士、精神保健福祉士、各種療育活動に関する資格取得にも積極的に取り組んでいます。

筋ジストロフィー病棟集団活動(おりがみサークル)

重症心身障害児(者)病棟 個別活動(言語活動)

補装具製作相談

重症心身障害児(者)病棟 療育活動(エアトランポリン)

障害者自立支援法、障害者総合福祉法(仮称)について 障害のある方がサービスを利用するための仕組みや施設体系、事業内容が整備され、日中活動の場と居住支援に分けられ、「個別支援計画書」を作成し利用者一人ひとりにあったサービスが提供されることになりました。
18年10月からの同法施行により措置から契約入院となり、平成24年4月には原則18歳以上の重症心身障害者は児童福祉法による障害児施設利用から療養介護事業へ移行しました。今後は、児童福祉法による指定医療機関、障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業者として、関連福祉法の改正や障害者総合福祉法(仮称)の制定に対する対応等が重要となります。

採用後の教育研修

重症心身障害研修会
国立病院総合医学会でのパネルディスカッション

研修は国立病院機構が主催する重症心身障害研修会や、職域団体である国立病院機構全国児童指導員協議会が主催する研修会などがあります。
業務に関連する各種研修会などは各自で積極的に参加しているほか、筋ジストロフィーや重症心身障害児(者)に関する研究班への参加、調査研究への協力、学会などでは国立病院機構主催による国立病院総合医学会や日本重症心身障害学会、重症心身障害療育学会などがあり参加・発表しています。

このページの先頭へ