• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

コメディカル部門職員

先輩からのメッセージ

様々な状況の患者さんのために、
安全で美味しい食事を提供する。

 私の日常業務は、献立の作成や発注などの給食管理と、食事栄養指導に糖尿病集団教室、そしてNSTや褥瘡チーム、嚥下チームなどのチーム医療での栄養管理です。私の勤務している神戸医療センターは、内科・外科に始まり、産婦人科や小児科など様々な診療科が軒を連ねる総合病院で、一般食や糖尿病食などの他に、離乳食から嚥下困難時食まで幅広い食事を提供しています。衛生的で安全で、美味しい食事を提供するために、日々奮闘しています。栄養指導では、患者さんの食習慣を把握し、わかりやすい指導になるように心がけています。学会などにも参加して日進月歩する栄養管理を勉強しながら、まだまだ一人前とは言えませんが、日々出会う患者さんのために、努力をしています。

 国立病院機構は、他施設への異動があり、ところ変われば、患者さんの年齢層や病態、病院の機能も変わるので、新しい分野が拓け、ステップアップできるところが大きな魅力でもあります。是非私たちと一緒に、国立病院機構の広大なフィールドの中で頑張っていきませんか。

神戸医療センター(畠中 真由)

管理栄養士
畠中 真由
独立行政法人国立病院機構
神戸医療センター 勤務
(平成23年4月採用)

このページの先頭へ