• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

コメディカル部門職員

先輩からのメッセージ

理学療法を提供し、
一人でも多くの患者さんを笑顔にしたい。

 私の勤務している京都医療センターのリハビリテーション科は、運動器、脳血管を中心に呼吸器、心臓、がん、小児など幅広い患者さんを対象にリハビリテーションを展開しています。医師からリハビリテーションの進行について相談を受けたり、患者さんの全身状態や訴えに応じて医師と治療方針を話し合ったりしながら、患者さんにとって安全で質の高いリハビリテーションが提供できるように心がけています。

 国立病院機構は施設ごとに特色が異なり、幅広い疾患の患者さんの治療に携わることとなるので、多くの知識・技術を習得することができます。私自身も様々な疾患をお持ちの患者さんに、質の高い理学療法を提供して笑顔にできるように、日々成長中です。当機構で共に働き、一人でも多くの患者さんを笑顔にしませんか?

京都医療センター(寺田 幸司)

理学療法士
寺田 幸司
独立行政法人国立病院機構
京都医療センター 勤務
(平成24年4月採用)

医師・看護師・コメディカルが連携し、
共に切磋琢磨できる環境。

 私は大学卒業後、姫路医療センターに4年間勤務し、私生活では昨年結婚、現在は大阪南医療センターで勤務しています。国立病院機構の魅力は、最新の設備が整い、大規模な組織の中で医師・看護師・コメディカルが密に関わり、切磋琢磨しながら医療を行える環境があることです。経験豊富なスタッフが所属し、国立病院医学会や各種研修会にも参加するので、モチベーションを保ちながらスキルアップすることができます。そんな当機構に所属し、日々勉強しながら作業療法士として働くことができて、本当に満足しています。

 家庭をもった今、生活と仕事の両立は簡単ではありませんが、育児支援制度も整備されている職場で、素晴らしいスタッフたちと共に、より魅力的な作業療法士として活躍することが今の目標です。

大阪南医療センター(伊勢 奈緒子)

作業療法士
伊勢 奈緒子
独立行政法人国立病院機構
大阪南医療センター 勤務
(平成22年5月採用)

専門性の高い知識や技術を向上させるチャンスが多い場所です。

 私の勤務している宇多野病院は神経筋難病の基幹病院であり、リハビリテーション科も専門性のある治療を提供しています。当科はどのスタッフも向学心・向上心を高く持ちながら日々の業務にあたっています。対象となる疾患はパーキンソン病が最も多く、当科ではエビデンスの高いLSVT®LOUD、LSVT®BIGの認定療法士を増やし、治療の質の向上に努めています。神経筋難病の治療は、求められる知識の分野が広いですが、その分やりがいも大きいと思います。

 そんな環境下で、私も入職当初は四苦八苦しましたが、先輩方や同僚、病棟のスタッフ達に支えられて、徐々に成長することができました。また、当機構は研究にも力を入れており、知識と技術の向上を図れるチャンスが多いということも、大きな魅力であると思います。

宇多野病院(餅 康樹)

言語聴覚士
飯髙 玄
独立行政法人国立病院機構
宇多野病院 勤務
(平成21年4月採用)

このページの先頭へ