• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

コメディカル部門職員

先輩からのメッセージ

幅広い業務を担当しながら、
着実に成長できる場があります。

 私は臨床工学技士という職業を選択して6年目を迎え、東近江総合医療センターでの勤務は2年目になります。当院での業務は、「循環器領域」業務、「血液浄化療法」業務、「呼吸療法」業務、「手術領域」業務、そして各種医療機器に関する院内勉強会の開催などです。これらの業務を、現在、東近江総合医療センターでは臨床工学技士2名の体制で行っていますので、とても忙しいです。 しかし、そんな忙しい環境でも、1年目から全ての業務を担当する機会(=自己成長の場)を整えて下さる先輩技士のおかげで、着実に目標に向けて前進していると感じています。患者さん、スタッフ共に“安心できる医療”をモットーに、日々奮闘しながら頑張っています!

東近江総合医療センター(外賀 慎治)

臨床工学技士
外賀 慎治
独立行政法人国立病院機構
東近江総合医療センター 勤務
(平成25年4月採用)

先輩方の温かい指導もあり、
やりがいのある充実した毎日です。

 私の勤務している大阪南医療センターには、私を含めて現在6名の臨床工学技士が勤務しており、血液浄化・人工心肺・補助循環・機器管理・心臓カテーテル・ペースメーカー・OP室業務などをローテーションで行っています。ローテーション業務には深く幅広い知識が必要で、最初はついていくだけでも精一杯でした。しかし先輩方の温かい指導もあり、毎日小さな目標を達成していく事で、とてもやりがいのある充実した日々を送っています。

 また、当院は24時間・365日オンコール体制をとっており、私も今年度からオンコール業務に入っています。それと同時に、4月から新たに臨床工学技士が1人加わり、私にも初めての後輩ができました。後輩から刺激を受けながら、先輩方に少しでも近づけるように、これからもこつこつと頑張っていきたいです。

大阪南医療センター(上村 沙矢香)

臨床工学技士
上村 沙矢香
独立行政法人国立病院機構
大阪南医療センター 勤務
(平成25年4月採用)

このページの先頭へ