• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

助産師・看護師

ホーム > 採用情報・学生募集 > 助産師・看護師 > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

一生懸命、まっすぐに。私たちからのメッセージです。

■ 敦賀医療センター

この病院は、地域に密着したアットホームな病院と感じ就職しました。私が勤務する病棟は、小児から高齢者の幅広い年齢の患者様がいらっしゃいます。安全・安楽に過ごして頂けるか、日々考え、業務に励んでいます。看護に悩んだ時は先輩方からの丁寧で的確な指導により、少しずつ自信を持つことができています。多くの経験・勉強させて頂きながら、患者様からの感謝の言葉や笑顔を見ることができた時、とても嬉しく感じます。

笑顔があふれる病院です!!

敦賀医療センター(出口 真衣)

出口 真衣
入職年:平成28年
病棟:4階病棟(内科・循環器内科・小児科)

▲ ページTOPへ

■ あわら病院

私は、かねてから希望していた、重症心身障がい児(者)病棟で勤務をしています。重症心身障がい児(者)は身体の変形などによりケアが難しく、最初は技術・援助に不安がありました。しかし、先輩方が優しく丁寧に指導してくださり、今では1人で行えることが増えました。先輩方に教えてもらったことを生かしながら、患者さんにとって負担の少ないケアを行っていきたいと思っています。皆さんもあわら病院で一緒に働いてみませんか。

顔の見える多職種カンファレンス

顔の見える多職種カンファレンス

あわら病院(大堀 綾香)

大堀 綾香
入職年:平成28年
病棟:重症心身障がい児(者)病棟

▲ ページTOPへ

■ 東近江総合医療センター

私は入職して1年目で、呼吸器外科病棟に勤務しています。主に肺がんや気胸の患者さんを対象に、術前から術後の呼吸器合併症予防のため、呼吸訓練の指導や排痰援助を行っています。PNS(パートナーシップナーシングシステム)が導入されているので、初めて行う技術で不安な時や判断に迷ったときはすぐに相談することができます。心強い同期にも支えられ、充実した毎日を過ごしています。ぜひ私たちと一緒に働きましょう。

教育体制の充実(ラボ室にて)

教育体制の充実(ラボ室にて)

東近江総合医療センター(関谷 美律)

関谷 美律
入職年:平成28年
病棟:東2病棟(呼吸器外科)

▲ ページTOPへ

■ 紫香楽病院

私は神経筋難病看護がしたくて紫香楽病院に就職しました。神経内科病棟には意思疎通が難しい患者さんが多く入院されており、わからないことばかりで戸惑う事が多い毎日です。しかし、時間をかけて患者さんと関わることで、小さな表情の変化に気づくことができたり、少しずつやりとりができるようになり、嬉しさ、楽しさを感じることがたくさんあります。先輩方に丁寧に指導していただき、また先輩方の働く姿を見て学ぶことも多く、充実した日々を過ごしています。

患者さんの呼吸を安楽に

患者さんの呼吸を安楽に

紫香楽病院(旧兵庫青野原病院)(𠮷川 かすみ)

𠮷川 かすみ
入職年:平成28年
病棟:神経内科・重症心身障がい児(者)病棟

▲ ページTOPへ

■ 京都医療センター

私はがん看護に興味があり、京都医療センターの当病棟を希望しました。私の勤務する病棟は、腫瘍内科、消化器内科等で、手術療法、化学療法、放射線療法、終末期を迎える患者さんがおられ、様々な看護の場面に直面し、悩むことも多くあります。しかし、患者さんを看て、考え、心を込めて看護することの難しさと楽しさを日々感じながら、自分の目指す看護を追求できる病棟です。様々な看護が学べる当院で一緒にやりたい看護を見つけましょう。

ウォーキングカンファレンス

ウォーキングカンファレンス

京都医療センター(神崎 菜都実)

神崎 菜都実
入職年:平成28年
病棟:第一病棟6階(外科・内科・腫瘍内科)

▲ ページTOPへ

■ 宇多野病院

私はボランティア活動をきっかけに「人の役に立つ仕事がしたい」と転職して看護師を目指しました。実習の際に、この病院の温かい雰囲気や、患者さんの思いを大切にした看護を実感し、私もここで働きたいと思い宇多野病院を選びました。現在は、患者さんの病態を看護に繋げる事の難しさを感じていますが、先輩方の丁寧な指導を受け少しずつ看護の視点を学ぶ事ができています。患者さんの思いに寄り添える看護師を目標にして頑張っています。

訪問看護ステーション 「24時間駆けつけます」

訪問看護ステーション 「24時間駆けつけます」

宇多野病院(久徳 まどか)

久徳 まどか
入職年:平成28年
病棟:4-2病棟(神経内科)

▲ ページTOPへ

■ 舞鶴医療センター

私は神経内科・脳神経外科病棟で勤務しています。術後の看護は難しく不安もありますが、日々ADLが拡大し退院される患者様の看護に関われることにやりがいを感じます。また、1年目で慣れない中、7月に新病棟に移転し戸惑いもありましたが、先輩方は優しく教えて下さり、焦ることなく知識・技術を習得できています。働き始めて患者様の看護を通して学ぶこと・気づくことも多く、楽しさを感じています。

いのちによりそう看護

いのちによりそう看護

舞鶴医療センター(岸本 祥一)

岸本 祥一
入職年:平成28年
病棟:B-4病棟(神経内科・脳神経外科・眼科)

▲ ページTOPへ

■ 南京都病院

私は南京都病院のインターンシップに参加し、病院理念、雰囲気、新人教育の取り組み方に惹かれ、就職を決めました。勤務している結核病棟では、服薬完遂という目標がはっきりとあり、一人ひとりの患者さんと向き合って共に歩むことがやりがいの一つとなっています。また、自分のしたい看護を先輩の手厚いフォローに支えられ、自分のペースで行うことができる南京都病院に就職して良かったと心から思います。

服薬完遂率100%を目指しています

服薬完遂率100%を目指しています

南京都病院(長井 美樹)

長井 美樹
入職年:平成28年
病棟:東病棟(呼吸器科:結核)

▲ ページTOPへ

■ 大阪医療センター

質の高い医療と幅広い分野の看護を学びたいと思い、高度医療施設であり、多くの診療科がある当院での就職を決めました。就職後も、新人対象の研修や勉強会が定期的にあり、講義と臨床の両方から多くの学びを得ることができています。不安や緊張の毎日ですが、病棟での新人教育体制も整っており、先輩方からご指導を頂きながら日々学ぶ事への充実感を感じています。当院で一緒に働きながら、自分のやりたい看護をみつけませんか?

ICUでのチームカンファレンス

ICUでのチームカンファレンス

大阪医療センター(小田原 光)

小田原 光
入職年:平成28年
病棟:東7病棟(循環器内科、心臓血管外科)

▲ ページTOPへ

■ 近畿中央胸部疾患センター

呼吸器の専門病院なので肺癌や慢性の呼吸器疾患の方が多く入院されています。食事や排泄、入浴するときに細やかに酸素の投与量を調整しながら生活している患者さんが多くいるのにびっくりしました。今は先輩と一緒になんでも相談しながら、たくさん経験して学ぼうとがんばっています。呼吸器看護に興味のある方は是非当院にきてください。

呼吸のことはまかせて

呼吸のことはまかせて

近畿中央胸部疾患センター(土川 桃)

土川 桃
入職年:平成28年
病棟:北1階病棟(呼吸器内科)

▲ ページTOPへ

■ 刀根山病院

私が勤務する病棟は、急性期の病棟で時には緊急入院も受け入れています。最初は、不安や緊張でいっぱいでしたが、徐々にできることが増え、日々の看護が難しくも楽しく感じています。教育体制が整っていて病棟ではどの先輩に聞いても、単に答えをくれるのでなく自分で答えを出せるような関わりをしてもらっていると感じています。初心を忘れず、自分の目指す看護ができるように一緒に頑張ってみませんか?

神経内科歩行訓練中

神経内科歩行訓練中

刀根山病院(永見 美花)

永見 美花
入職年:平成28年
病棟:A棟2階(呼吸器内科外科・整形外科)

▲ ページTOPへ

■ 大阪南医療センター

私は血液内科病棟に勤務しています。白血病や悪性リンパ腫などの血液疾患をもつ患者さんの看護は難しいことも多く、当初はとても不安に感じていました。しかし、充実した新人教育・研修体制のもと、教育担当者を中心に、すべてのスタッフの方々の温かいご指導により、階段を1段ずつ上るように着実に成長できている自分を感じています。また、急性期から終末期までの幅広い看護を学べることも当病院の魅力だと思います。

モニターチェック場面

モニターチェック場面

大阪南医療センター(綾田 明梨沙)

綾田 明梨沙
入職年:平成28年
病棟:西館7階病棟(血液内科)

▲ ページTOPへ

■ 神戸医療センター

私はICU/CCUで勤務しています。入職当初は、モニターばかり見ながら観察していましたが、最近では患者さんの表情の変化にも気づくことができるようになりました。患者さんから「あなたが、そばにいてくれて心強かった」と言われたことがうれしく、患者さんから信頼される看護師になりたいと思います。先輩方は、技術やアセスメント等、根拠を踏まえ丁寧に指導してくださり、相談もしやすく、安心して働くことができます。

いつも笑顔を忘れずに、信頼される看護を目指したい

いつも笑顔を忘れずに、信頼される看護を目指したい

神戸医療センター(馬場 光)

馬場 光
入職年:平成28年
病棟:ICU/CCU

▲ ページTOPへ

■ 姫路医療センター

消化器外科病棟勤務で半年以上が経ち、出来ることも随分と増え仕事に対するやりがいも感じるようになりました。受け持つ患者さんに対し自分が一人の看護師として何ができるのか、同時にチーム全体で何ができるのか考えて実践していくことがとても重要だと感じます。まだまだ未熟で知識・技術ともに不十分ですが、患者さんによりよい看護が提供できるように頑張りたいと思います。就職されるみなさんと楽しく働ける日を待っています。

先輩があなたの看護を支えます

先輩があなたの看護を支えます

姫路医療センター(松濱 美優)

松濱 美優
入職年:平成28年
病棟:A-2病棟(外科・消化器外科・ICU)

▲ ページTOPへ

■ 兵庫あおの病院

私は重症心身障がい児(者)病棟に勤務しています。日々、苦痛や欲求を言語的に訴えることのできない患者様の体調の変化をアセスメントし、援助することの難しさを実感しています。先輩方の丁寧な指導のもと、診て、触れて、感じて、変化に気づけるよう観察し、自分が行った看護ケアで患者様がリラックスし笑顔を見せてくれた時にやりがいを感じます。患者様の思いに寄り添い、「心のかよう、やさしい看護」を一緒に実践しませんか。

摂食・嚥下院内認定看護師の関わり

摂食・嚥下院内認定看護師の関わり

姫路医療センター(松濱 美優)

西澤 知里
入職年:平成27年
病棟:西3病棟(重症心身障がい児(者))

▲ ページTOPへ

■ 兵庫中央病院

私は筋ジストロフィー病棟に勤務しています。入職当初は患者様と上手くコミュニケーションが取れず、不安の毎日でしたが、日々の関わりをするうちに、少しずつ会話ができるようになり、「その人らしさ」を大切にして看護を実践しています。優しい先輩方に丁寧な指導をして頂きながら、慢性期看護で重要となる小さな気付きを身につけるため頑張っています。患者様一人ひとりとじっくり関わることができる笑顔あふれる当院で一緒に働きませんか。

やりがいのある看護

やりがいのある看護

兵庫中央病院(松濱 美優)

松田 真優佳
入職年:平成28年
病棟:東1階病棟(筋ジストロフィー)

▲ ページTOPへ

■ 奈良医療センター

重症心身障がい児(者)病棟に勤務しています。患者様とは言葉での意思疎通が難しいため、個々の小さなサインをくみ取る観察力と洞察力が重要です。個性に合わせた看護を行うために、必要な看護を振り返り、疾患の理解を深める場を持ち、根拠を持って安全、安楽な日常生活を考えています。患者様にとって病院は生活の場であり人生です。患者様の「生きる」を支えることに誇りを感じながら、やりがいのある看護を一緒にしましょう。

「生きるチカラ」を支える

奈良医療センター(金 莉奈)

金 莉奈
入職年:平成28年
病棟:1A病棟(重症心身障がい児(者)病棟)

▲ ページTOPへ

■ やまと精神医療センター

病棟の明るい雰囲気や緑に囲まれた環境、先輩方の時には優しく、時には厳しく患者さんに関わる姿を見て魅力を感じ、当院に就職しました。患者さんとの関わりに悩むことはたくさんありますが、疑問や意見の出しやすい職場環境の中で、学ぶことの多い充実した日々を送っています。最初は緊張や不安で一杯でしたが、優しい先輩方や同期に支えられ、楽しんで精神科看護を学ぶことができています。

看護師が主となりチームでSTT(社会生活技能訓練)を実施""

看護師が主となりチームでSTT(社会生活技能訓練)を実施

やまと精神医療センター(迫田 小夏)

迫田 小夏
入職年:平成28年
病棟:1-1病棟(精神科)

▲ ページTOPへ

■ 南和歌山医療センター

私は脳外科病棟で看護師1年目として働いています。意識レベルの低下や麻痺により、意思疎通や思い通りに身体を動かすことが困難な患者様と関わる機会が多い病棟です。日常生活援助や吸引などの看護処置をさせて頂く中で、初めは難しく悩むこともありましたが、日々先輩方に指導して頂きながら患者様個々に合わせた援助とは何かを考えて、看護することが楽しくなってきています。笑顔いっぱいの病棟で一緒に働いてみませんか。

助けたい!その命。

助けたい!その命。

南和歌山医療センター(林田 青葉)

林田 青葉
入職年:平成28年
病棟:5階西病棟(脳神経外科)

▲ ページTOPへ

■ 和歌山病院

私が勤務する病棟は、筋萎縮性側索硬化症やパーキンソン病等の神経筋難病の患者さんを受け入れており、自分の思いを伝えることの出来ない方が多くおられます。コミュニケーション方法を活用し、患者さんの思いを聴き、その方に合った援助を行うことにやりがいを感じています。入職後、分からないことが多く不安なこともありますが、優しい先輩のもと、少しずつ出来ることも増え、毎日充実しています。是非、一緒に働きませんか。

先輩看護師と呼吸器確認

先輩看護師と呼吸器確認

和歌山病院(林 昂央)

林 昂央
入職年:平成28年
病棟:3階北病棟(神経内科・呼吸器内科)

▲ ページTOPへ

このページの先頭へ