• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

助産師・看護師

ホーム > 採用情報・学生募集 > 助産師・看護師 > 近畿グループが主催する研修について

近畿グループが主催する研修について

保健師助産師看護師実習指導者講習会(6月~9月:48日間)

この講習会は、看護教育における実習の意義や実習指導者としての役割を理解し、効果的な実習指導ができるよう、必要な知識と技術を修得することを目的に開催しています。毎年50名をこえる看護職員の方々が受講しています。
48日間という長い講習会ですが、看護を後輩に伝えていきたいという、熱い思いを持つ仲間と施設を越えて出会える貴重な機会です。また、受講後は、各施設で実習指導者として学生指導はもちろんのこと、教育担当として後輩指導に携わっています。

  • 保健師助産師看護師実習指導者講習会
  • 保健師助産師看護師実習指導者講習会

【教育学に関する講義】 教育方法や教育心理、討議法などの科目を通して、学びのプロセスやグループダイナミクスを体験的に学ぶとともに、伝える難しさを実感しながら“教えること”を学びます。

  • 保健師助産師看護師実習指導者講習会

    【看護論演習・実習指導案作成演習】  看護論では、看護の基本となる主要概念「人間・環境・健康・看護」について、これまでの経験を振り返りながら、グループで語り合います。そして、この主要概念を核とし、基礎・成人・老年・小児・母性看護学領域の実習指導案を作成します。実習領域ごとの指導内容・方法・時期、評価方法をまとめ、意図的な学生指導を考えていきます。

  • 保健師助産師看護師実習指導者講習会

    演習のまとめとして、助言講師をお迎えし、発表会を行いました。
    他グループの発表から、新たな気づきがあり、実習のつながりについても学びを深めることができました。

新任副看護師長研修(10月:2日間)

この研修は、新たに昇任された副看護師長を対象として、副看護師長の役割と職責を認識し、副看護師長として必要な管理的知識と技術を習得することを目的として開催しています。
グループ討議を中心に副看護師長としての悩みや課題を共有し、副看護師長としての役割を考え、そして、OJTでの教育方法について学ぶ研修となっています。
2日間の研修ですが、同じ立場の仲間と大いに語り合い、励まし合い、前向きになれる研修です。

  • 新任副看護師長研修
  • 新任副看護師長研修

退院支援看護師養成研修(11月:4日間、実習:10日間程度、2月:1日間)退院支援看護師フォローアップ研修(7月:1日間)

地域医療が推進されるなか、患者さんやご家族が安心して退院できるよう、退院支援に関する実践能力が修得できるように研修を行っています。研修受講者は、退院支援看護師として病院で中心的役割を担っており、その後フォローアップ研修により、お互い各施設での状況を共有し、話し合っています。

  • 退院調整看護師養成研修
  • 退院調整看護師養成研修

認知症ケア研修(年2回:2日間)

超高齢社会を迎え、認知症患者さんの理解を深め、患者さん・ご家族を支援するために必要な看護実践力の向上を図れるように努めています。また、地域を含めた多職種チームと連携を図り、退院支援のあり方について学んでいます。

教育担当看護師長研修(年1回)・教育担当看護師長養成研修(5日間:実務見学研修含む)

20病院の教育担当看護師長が集まり、国立病院機構の看護職員能力開発プログラムに基づく教育研修の実施能力の向上を図ることを目指しています。各施設での集合研修や病棟との継続した関わりなどについて、意見交換を行っています。
また、今年度より教育担当看護師長養成研修も開催しました。主には研修を企画するにあたり必要な知識を講義や演習、臨床の研修や学校の授業見学を通して学び、これから教育担当看護師長になる方のサポートも行っています。

  • 教育担当看護師長研修

医療安全管理研修(年1回:5日間)

この研修は、院内の医療安全管理者の候補者を養成することを目的としています。
医療安全管理者として必要な、医療安全の知識や管理的視点を学び、起こった事例から適切な対策や教育ができるよう、RCAの事故分析を実施します。また、看護だけでなく他職種の医療安全の取り組みを知り、安全な医療を提供するためにどのように連携していけばよいか考えます。

  • 医療安全管理研修
  • 医療安全管理研修

このページの先頭へ