• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

事務職員

ホーム > 採用情報・学生募集 > 事務職員 > 職員のメッセージ > 運営担当 運営指導係(寺尾 紀昭)

職員のメッセージ

病院という、医療のプロ集団の中で責任を果たすということ

多様な職務の経験によって素早い対応が可能に

国立病院機構において、近畿管内の20に及ぶ病院ネットワークを擁する近畿グループ。私はそのなかで、グループ全体の運営や経営企画をサポートする運営指導係という部署で業務を行っています。
主な仕事は、各病院の会計部門や医事部門が日々抱える懸案事項に対応することです。担当者からの問い合わせに回答し、相談があった際には関連資料を用意するなど、解決に導くためのアドバイスを行っています。私はこれまで医療職の研修支援や訴訟の対応、建物の新設や建て替え工事など、様々な業務を経験してきました。多種多様な相談にも、これまでの経験で得た豊富な知識により即時に対応しています。各部署の仲間から“頼りにされているな” という実感を持つことができています。

『知らないことは寺尾に聞け』そう周囲から言われるために

病院は、医療に携わるプロフェッショナルの集団であるが故、事務職にも高いプロ意識が求められます。私自身、強い思いを持って自分の仕事に打ち込み、「寺尾に聞けば、何でも分かる」 と、周囲の誰もが認めるような人物になるのが目標です。
最終的に事務部門のトップに立った際には、各部門を円滑に調整し、情熱を持って働いている医療スタッフの力になりたい-。そんな思いを胸に業務に力を注いでいるところです。

宇都本 理夫

近畿グループ
運営担当
運営指導係長
寺尾 紀昭
(2005年10月採用)

このページの先頭へ