• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

事務職員

ホーム > 採用情報・学生募集 > 事務職員 > 職員のメッセージ > 管理課 職員係長(浦芝 由香利)

職員のメッセージ

家庭も仕事も。さらに、キャリアアップも目指せる職場に感謝。

“何もない1日”を願って職員を側面からサポート

職員係の仕事は、職員を側面からサポートすることです。健康診断の段取りや年金請求の手続きを行い、また職員が事故に遭えば労災の申請窓口になるなど、職員が働きやすい環境を整える役目を担っています。その他、研修管理や勤務時間に関する業務も行っています。
係の業務で心がけていることは、すべての職員が仕事に集中でき、病院全体の業務が円滑に行われる環境をつくることです。そのため、職員の負担を軽減できるよう細やかな気配りは欠かせません。トラブルもなく“何もない1日”であれば、うまく業務がまわっている証拠です。その際は、責任を果たせたと安心します。

家庭での不測の事態には同僚のフォロー万全

私は出産後、約1年にわたり育児休業制度を利用して育児に専念。職場に復帰した後は、早めの時間に帰宅できるように育児時間制度を利用することで、育休前と変わらず係長職として勤務し、キャリアを中断することなく働いています。
現代は、女性を含めすべての人たちの多様な働き方が認められる時代を迎えようとしていますが、職場では、以前からそのような考え方が普通に浸透しているといえます。同僚からも、子どもが熱を出し急に休まざるを得ない時も、当たり前のように業務をフォローしてもらえるので、とても助かっています。
これからも家庭と仕事を両立させ、さらにキャリアアップを目指したいです。

浦芝 由香利

大阪南医療センター
管理課
職員係長
浦芝 由香利
(2007年4月採用)

このページの先頭へ