• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

助産師・看護師

看護学校の行事紹介

新入生を迎えて(4月)

今年も5校あわせて320名の新入生が入学しました。
少しでも早く学校生活を楽しんでもらえるよう、各校の先輩達が新入生歓迎会を開いてくれます。
ゲームをしたり、地域を散策したりして、先輩と親睦を深めます。
先輩達がよき相談相手となり、学校生活を支援してくれます。

  • 新入生を迎えて(4月)

看護の日の記念行事(5月)

5月12日はナイチンゲールの誕生日です。
この日を「看護の日」として、地域の人たちに“看護のこころ”を伝えるイベントを全国で開催しています。
そこで、看護学校でもこれまでの学習成果を発揮し、看護体験や健康講座を開いたり、病院でコンサートを行っています。

  • 看護の日の記念行事(5月)
  • 看護の日の記念行事(5月)

学生フォーラム(7月)

学生フォーラムは、近畿グループ病院附属看護学校の学生が一同に集まり、学生相互の連携と協働を図る目的として、平成17年から開催されています。このフォーラムは、学生主体の活動であり、実行委員を中心に企画から運営まで、全てを学生が行っています。プログラムは、講演会、学生間の交流会、討論会、学校紹介など、各校の特色を活かし、創りあげていきます。

フォーラム
学生フォーラムプログラム

第13回学生フォーラム

サブテーマ「2025年問題から考える看護」
超高齢社会を迎えるなかで様々な企画を通して看護に求められる役割を考える内容でした。

◆講演会 「看護とロボットが協奏する社会の創造に向けて」
  国立大学法人 九州工業大学大学院生命体工学研究科 教授 柴田 智広 先生
◆シンポジウム 「考えよう!2025年における看護師の役割」
◆学校紹介 各校が所在する地域の特性を活かした活動
  • 開会式
    開会式s
  • 交流を深めよう
    交流を深めよう
  • 講演会
    講演会
  • 学生フォーラム看板
    学生フォーラム看板

看護学生募集ポスターデザイン 表彰式

近畿グループでは、毎年、看護学生募集のポスターデザインを学生に考えてもらっています。応募されたデザインは、学生に投票してもらい、選定します。選ばれた学生には、学生フォーラムで近畿グループ担当理事より表彰状と副賞が授与されます。

  • 平成29年度ポスター
    完成したポスター

バレーボールにより絆を深める「あじさい杯」

「あじさい杯」とは

毎年7月に、近畿グループ病院附属看護学校5校対抗のバレーボール大会「あじさい杯」を開催しています。この「あじさい杯」は、京都医療センター附属京都看護助産学校のバレーボール部が主催しています。学生は、実習や試験、看護技術練習など忙しい合間をぬって、練習に励み、この大会に挑んでいます。バレーボールというスポーツを通し、5校の学生が互いに競い合い、もてるエネルギーを発散させ、互いの交流を深めています。また、各学校から駆けつけた、応援団による歓声が体育館全体に響き渡り、大変盛り上がります。選手、応援者とも一つになり、絆が深まる大会です。

  • 開会式
    開会式
  • 試合開始
    試合開始
  • 舞鶴医療センター附属看護学校 アベック優勝!男子は7連覇達成!
  • 舞鶴医療センター附属看護学校 アベック優勝!男子は7連覇達成!

学生主体で創り上げる「学生フォーラム」

近畿地区国立病院看護学会とは

昭和23年の保健師助産師看護師法施行から11年後の昭和34年に「研究発表会」としてスタートしたこの学会は、先人の看護部長たちの高い志のもと“国民のため国立病院の看護の質を高くしよう!看護は関西から!”というかけ声で始まりました。その時々のリーダーが中心となり、社会に貢献する質の高い看護・医療を目指して繋いできた歴史ある学会です。


第59回 看護学会

  • 学会テーマ「看護のイノベーション~原点回帰~」
    ◆特別講演 「包括ケア時代の看護のイノベーション-効率性と人間性の対立を超えて-」
      聖路加国際大学看護学部 教授 吉田 千文 先生
    ◆シンポジウム

    「原点回帰-ケアすることの本質と魅力」

    ◆教育セミナー

    「臨床現場で役立てるアンガーマネージメント」講義
    「認知症ケア“こんなときあなたならどう対応する”」講義
    「認知症予防ゴクニサイズ」講義・体験

    ◆研究発表 口述発表 9題   臨床4題 学生5題
      ポスター発表50題 臨床40題 学生10題

このページの先頭へ